暁邏蝶 with Pluviôse
降り注ぐ雨、滲み出す葛藤、溢れ出す気持ち…全部。

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノパスカル止まらねぇー!!!3  02/25-05:24-日々の疾走

さて、
「罪を犯した人間が苦しむ瞬間はどんなときか?」

っという疑問に対して、
今の私は、
「その罪によって傷つけた人間の傷に気付いてしまうとき」
だと私は答えようと思う。

私は、信じてくれた先生を裏切るという行為という大きな罪を犯した。

「私は人間としてどうなんだろう?」

ふと思ったときに、
本当ならば二度とその人の前に居てはいけない気がした。
その先生はいつも生徒のことを考えて奥さん(英語の先生)と
話し合っているようだ。
「誰か一人の生徒に問題が起こると、
そのことについて何時間も睡眠時間を減らしてどうすればいいか考えている。」
そう前に言っていた先生の顔は真剣そのものだった。
すごく生徒一人一人を見ているのがよく伝わってくる。
色んな先生の今までのセリフを思い起こしても、
どんなに私のことを考えてくれていたのだろうと
考える度に胸が刺さって痛かった。
その思いを知りながらも、
「怒られたらいやだなぁ…宿題しなきゃな…」
という気持ち半分で動いていただけで罪ではないか。
その上、最後にもう一度信じてくれた3日後に裏切るなんて…。
先生は今も生徒のことを考えているんだろう。
けど、私のせいで他の人のこれからを相談する機会さえ奪ってたとしたら…
たとえこの考えが単なる私の自惚れだとしても。
先生がもう私を退塾させる決断をさせていても、
先生は、生徒一人を辞めさせる度に、心の中で泣いている人。
どの考えが浮かんでも、私は一人の人を悲しませていることに変わりはなかった。
きっと、先生の苦しみに私が気付かなければ、
私は心が痛まなかった。現に今までそうだった。
先生のこと好きだったけど、ここまで考えたことはなかった。

このことを、「人生の苦難」に対して、考えてみると、

罪人が、罪の重さに気付く瞬間ほど、残酷なものはないだろう。

という結論に達する。
それこそが、自分の背負うべき罪というのだろうか。
ただ、「人生」というのは実に上手くできているとも同時に思った。
罪に関して気付くことができたことで、
その罪に対して、どうすれば私は償えるだろう?」
っと考えることができれば、また道は開けてくるという希望が持てる。
気付いて苦しんでそこで終わってしまうのはもったいない。
そこから新しく道を切り開いて始めて人生の意味は生まれる。
そう思うことができる。正論だと思われるかもしれないが、
めげずに生きていけば可能性はなくならない。
人の人生を生み出したのが神だとすれば、
やはり、神は神だとしか言いようがない…。
人間にこんな希望のルートを残してくれていたなんて。
まずは、そこに感動した。しかし、すぐに空しさにおそわれる。

ハチクロでりかさんが言っていた、
「苦しい思い出さえもいつかは忘れてしまって、
私の中で色あせていく人を思うたびに悲しくなるの。
だから、私が覚えていてあげなくちゃって思うの。」

ずっと私の中に残っているセリフ…。
そう、どんなにうれしくても、どんなに悲しくても、
どんなに苦しくても…いつかその思い出や感情は色褪せてしまう。
それこそが一番儚いことではないだろうか??
今、私が先生の苦しみに気付いても、いつか忘れて、
また同じ罪を犯してしまうのではないだろうか。
たとえ、この塾に居る間、忘れることがなかったとしても、
何十年も生きているうちに、この事実は忘れ去ってしまう。
こうして、考えた果てに流した熱い涙さえも。

自分自身を変えたいと思った意志でさえも…。


「そもそもどうして、私は私を変えたいと思ったんだろう?」

ふと、次の疑問が浮かび上がってくる。
しかし、この疑問に答えるのは簡単だと思った。
「私は今、私が好きでもないが嫌いでもないからだ。」
だから、好きになりたくて、変えたいんだ。

でも、それは今までも思ってきた。自分が好きになりたいから。
でも、自分を好きになりたいのは、自分が好きだからじゃないのか?
いや、でも、好きじゃないんだ、今の私は。
じゃあ、嫌いか?嫌いでもないんだ、今の私でも…どうして??

このとき、ふと思う。
私は自分を嫌いになりきれないんだ。
一層のこと、嫌いになってしまえば楽なのに、
嫌いになりきれないから、好きにならざるを得ないのだ。
じゃあ、どうして、嫌いになりきれないの?????

私の中に、私を好きで居られる何かがまだ残っているからではないか?
でもそれってなに?手?足?心?魂?どの部分?

その瞬間にゆっきぃのチロル事件を思い出した。
それはこの前の先輩の卒業式。
土曜日で、私は単語を覚えるのに必死だった。
その斜め前でゆっきぃは私に(多分)聞こえるように言った。
「うーん、あとチロルが3つあるなぁ。」
私はチロルにピキーンと反応し、目を輝かせる。私がいるよオーラ全開(笑)
そんな私の目線を無視して続ける。
「一つは、草子やろ?もう一つはY子やろ?もう一つは…
うーん…(3秒の間)


(私だよーサノ子だよーここだよー!っと合図)

ぁ、私か!あーそうやったー!(むっちゃニコニコ)」




サノ子


撃沈…。


でもそんなゆっきぃがかわいくて仕方ないので、
チロルへの愛を必死で抑え、すねながらも、
その気持ちを単語へと向けていました。
(ゆっきぃが姉妹ならば、私はどうなっていただろう…!!でも面白そうw)

ここで分かったことは、
人から与えられようと必死になってもらえなかったら、
ただすねて終わるけど、
もし、ただ懸命に努力して欲しいものを得ようと思うなら、
失敗しても、きっとめげずにチロルでもなんでも手にしようとしたのでは
ないだろうか??

つまり、与えてもらおうとしてるか、
自ら得ようとしてるかの差。これはでかい。

そしてこのときにゆっきぃを思い出した後、
ゆっきぃが前交換ノートに書いていた

「我思う 故に我あり」っというパスカルの言葉を思い出した。
このとき、私は、パスカルを知らず、ゆっきぃが人生について、
考えに考えつくした結果、出てきた結論だと勝手に思い込み、
一人で勝手に感動していたのを覚えている。
たった、15歳の少女がここまでのことを考えるのか!と。
(さすがサイボーグw)
実際は、その数日後にパスカルさんを世界史の授業で知り、
なーんだっと笑ってしまったが、それでも、やはり、
この言葉には納得せずにはいられなかった。

そう、この、
「我思う 故に我あり」

今、この瞬間に言えないだろうか?
多少内容は違けど…

私がこんなに真剣に悩んで、思考して、答えを見つけようとしている今、
この状況こそ、私が大学へ向かって勉強している意味なのではなかろうか??
いつも楽天主義な私がこんなに悩むほど、考えてしまうほど、
進みたい道なのではないかと思ったのである。
例えこの先が、管理栄養士やカフェオープンというゴールに直結してなくても、
こうして、人を傷つけるという罪を犯して、そこから
新しく道を開く希望を探して、その過程で人に支えられていることに実感して、
神に生かされていることにも感謝して、
役者の台詞からの教訓、友達からの教訓、偉大な人からの教訓を学んで、
私がこんなに考えていることに改めて気付いた。
それこそが、私が今まで捜し求めていた、
「私の中で信じられる唯一無二のもの」ではないだろうか?
一人一人が違う心を持っている。同じものはない。
私の頭は考える。私の心は感じる。私の体は動き出す。


だからか。
だから、私は自分自身を嫌いになり切れなかったんだ。
こんなに自分を考える自分が私の中に居たから。
私だと確信できるたった一つの心が私のなかに居たから。

だからか。
今まで口だけだったのは。
一番大切な私の気持ちに気付けなかったからだ。
中身が空っぽの言葉でしかなかったんだ。

だからか。
今を大切にしろ!という言葉は、
「今をマイペースに楽に生きろ」という言葉ではなく、
「今、感じたこの瞬間のフィーリングを大切にしろ」
ってことだったんだ。

すべてはここで繋がった。


この気付きはすごく価値のあることだと思った。
人を傷つけてしまったが故に得たものだった。
いままで傷つけてなお、私をもう一度信じてくれた人が
いたから気付いたことだった。


どうすれば…償えるだろうか??
今、思ったことを伝えて、態度で示すこと。これしかない。
私自身が変わることしかない。
私に対して考えていた私を大切にするためにも。

たったこれだけが言いたかったのです。
本当にたったこれだけに気付くために、
神様は私を今日も生かしてくださった。

すごいことだな…
やれるだけやってみようじゃないか!!!
私の精神をかけて。ありがとう先生。
そして、気付かせてくれた沢山の出来事に感謝します。

美依に杏仁ジュースで元気をもらい、
K先生に出会い、
同じ学校の子と励ましあい、
チロルをたぶらかされ、
パスカルに感動し、
今日も私は生かされてる。


今日も精一杯、一日を生きれますように。











「毎日、雨が降ってて当たり前。波が押し寄せて当たり前。
そんな日常が繰り返される中でも、何か1つのきっかけがあれば、
大きな奇跡にだって変わる可能性を持っている。」

スポンサーサイト

サノパスカル止まらねぇー!!!2  02/25-03:53-日々の疾走

彷徨いながらも劇場に着くと、私は受付に向かった。
薄暗い地下に洒落た絨毯。いかにも劇場らしい感じ。
ふと前を見ると、小柄な女性が2里、目の前に立っていた。
華やかな装いに身を包んだ女性…

ん…どこかで見たことが…

メイクを取ると…



うゎ!K先生じゃないですか!
っと声を出す少し前、
「あら、サノ子ちゃんじゃない!!」
っと先生がびっくりしていた。
K先生とは、前に通っていた英会話の先生。
私の英語好きになった歴史は、K先生なしでは語れない。

「なんでここに!?」
「先生こそなんでここに!?」
っと2人で驚いていた。
とにかく嬉しかった。
K先生はいつもより美人だった。
やっぱりメイクと服装のせいかしら!?
偽者とかそっくりさんじゃないですよね…!?
っと疑いつつも(笑)

話の内容はここでは省略するとして、
とにかく喜劇だった。タイトルは「十二夜」
シェイクスピアの喜劇の中の喜劇なのだそうです。
すっごく楽しめた!!!
なんといっても距離感が狭いせいか、
私はずっとドキドキしていた。

そしてそこでおもった。

ぁ、みんな笑ってる…!!!
すっごくいい顔してるやん…!!!

っと見ながら私もいつの間にか笑顔になっていた。
こんな状況で見たのだからいつも以上に楽しく感じたのかもしれない。

K先生に出会えたことは私にとって大きかった。
何しろ、次の日(日曜日)は英検だったから。
最近、昔に英検の面接の練習をK先生としたのを思い出して、
ちょうど久しぶりに会いたいなぁっと思っていた。
これは神様からのプレゼントに違いない!!!来てよかったと思った。
私が英検2次のことを話すと、
「大丈夫よ!いつも通り振舞って、本物らしいでっちあげをすれば、
絶対に通るから!先生、サノ子ちゃんが、1次が通ったことが嬉しい!」
っと言ってくれて私にはすごく励みになった。

そして、この十二夜の中のセリフ。

「毎日、雨が降ってて当たり前。波が押し寄せて当たり前。
そんな日常が繰り返される中でも、何か1つのきっかけがあれば、
大きな奇跡にだって変わる可能性を持っている。」

正確に覚えているのは一行目だけ(それでもまだ曖昧)
二、三行目は半分メッセージを私なりに読み取って再現しました。
劇中の歌の歌詞の一部。この言葉、すっごく気に入りました。

そして、今日の英検の面接はすっごく楽しかった。
もっというと楽しんでやってみたに近いかな。
同じ学校の子と会った!!あんまりたくさん喋ったことはなかったけど、
すっごく楽しかった。面接の本も少し見せてもらったし、
なにより励ましあえたのが一番の支えになりました。
これも神様からのプレゼントか…!!!ありがとう!!!

っと思いながら、英検も無事に終了し、喜びを家族に伝えました。

さて、これが、今日までの私の状況です。
そして、これからが思考の深い夜へと更けてゆくのでした…

次へ続く

サノパスカル止まらねぇー!!!  02/25-03:27-日々の疾走

こんばんは。
ここ2、3日、思考に空白があるなら思考せよの状態続きでした。
多分、模試のチェックシートならぬ、今日のチェックシートに、
「集中(思考の空白を排除)できたか?」
というチェック欄があるなら、◎の横に渦巻きを書いてそこにチェックするだろう。
そうなると(渦巻きの巻き数+1)重の丸が完成するね。
早速話しがズレたので本題に。
なぜこんな時間にブログを書き始めたかというと、

さっき、
あ!っと思った私にとっては重大な答えに行き着いたので、
これは綴らねば!動かねば!と、お風呂上りにまたもや袖を濡らして
ブログ界へ帰ってきた所存です。
いまから、思ったことだけ書くから、長くて読みたくない人ごめんね。
(そもそもこのブログ、もはや自分の日記としてしか機能していない…苦笑)

ずっと考えてたことがあったんだけど、
たくさんありすぎて、結局、
勉強に関係ないことまで考えてた。

「この世で一番儚いこととはなんだ?」
ってこととか。
「罪を犯した人間にとって一番辛いこととは何か?」
とか。

まず、私の現状を説明すると、
私は、先々週の塾の授業で、英語の予習ができてなかった。
それでその予習の範囲の説明は受けることなく途中退場になった。
その翌日、私はガールスカウトが遅くなったことを理由に、
その日受けるはずだった単語テストを月曜日に回してもらった。
(本当ならば、月曜日は私の自習禁止日なんだけど、
日曜日に受けるはずのテストが日曜日に受けれなくて、
月曜日に回ってたから、そのテストと一緒に単語テストを
受けさせてもらえるように、お願いした。)
でも、月曜日、私はその単語テストに落ちた。
そればかりではなく、日曜日に受けるはずのテストも、
単語の部分で落ちた。
その様子を見ていて、塾の先生が私に、
「こんな調子で行きたい大学に通れるとでも思ってるんか!
他に行きたい人をなめてるんか!」
っと叱られて、それからしばらく話し合ってから、
「これからのあなたの何を信じればいい?」
っと言われたので、私の今の状況から信じてもらえるものは何もないのに、
何と答えればいいのか分からなくなって困る。黙る。
っで、その日はもう遅かったので帰された。
そして、私は1日考えた。何をもって信じればいいと言われても、
今の私に信じられるものなんて全くもって持っていないじゃないか。
っと答えが出ないまま、塾に行った。
授業が終わった後、先生に呼ばれて、再び聞かれた。
「それで…昨日言ってた、僕があなたを信じられるもの、見つけた?」
私は結局信じてもらえるものなど見つからなかったので、
その時の気持ちを正直に答えた。
「信じられるものっていうのは、正直ちゃんと見つかっていません。
けど、今まで、先生に怒られるからとか、
周りの状況があるから、とか、そういう人ばかりを気にしていたんだと思います。
でも、もし、先生が怒らなかったとしても、
私立の違う学校って考えたときに、
私の中で「やっぱり違う」って思ったんです。だから、
やっぱり私はこの大学に行きたいです。
信じてもらえるものは、これから作っていくしかないと思っています。」

っと、言葉はたどたどしかったが、このような気持ちを先生に伝えた。
先生は、もう一度、私を信じてくれると言ってくれた。
今まで、何度も単語テストに失敗し、授業の予習、宿題も何度かできていなかった、
先生を、何度も裏切ってきた私に対して…。

その日から私は、今までサボってた分を取り返すのに必死だった。
数学の復習に至っては、いつも大変なのに量が倍になって、
自分で自分を苦しめてたことを実感していた。
っが、その3日後の金曜日、こともあろうか、再び英語の予習をやってこなかった。
理由はただ一つ。
その日に済ませようとしていたことだと思う。
間に合わないなら、前の日も寝ずにやるべきだったのに、
最後は机の上で寝てしまった。
何時に寝たかも覚えていない…バカとしか言いようがない。
英語の先生は「あなたは懲りないね。今日は授業受けれないよ。」
っとだけ私に言った。
私はこのとき、「退塾」という言葉だけが頭によぎり、真っ白。
涙止まらず、でもその場にいることも恥ずかしくて、
すぐに荷物を持って塾を出た。

次の日、単語テストは早い時間に絶対受かろうと思っていた。
6時半から卒業した先輩の演劇を見に行く予定だった。
正直、自分がこんな状況で演劇を見にいってはいけない気がしてたが、
わざわざ先輩がチケット代を持って下さったのに、
無駄にはできない!という思いと、どこか演劇という他の世界への逃避を
実現したい思いに駆られていたのではなかろうか。
なんとか昼間に単語テストをクリアし、夕方まで勉強し、
その後塾を出る。
その時、英語の先生は、もう一人の先生(私と話し合った先生)に、
「サノ子さん、行くみたいだけど(何か言わないの?)」
っと合図をしていたが、もう一人の先生は、
「いや、僕から言うことは何もないけど?」
っと言って話は終わり、私が、
「さようなら。」っと挨拶すると、
「さようなら。」と英語の先生は返した。

私はその時、
「多分、先生は私にもう愛想を着かしてしまったのだろう」
「今、何を言っても無駄だろうっと思っているのだろう」
「黙っているほうが私にとって必要だと思ったのだろうか?」
など色んなことを考えながら劇場がある元町へ向かった。

そこで私は偶然にも彼女に出会う…。

次へ続く




  top  

«  2018-07  »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

Sano子

Sano子

さのこです。
今日の晩ごはんなにかなー♪

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。