暁邏蝶 with Pluviôse
降り注ぐ雨、滲み出す葛藤、溢れ出す気持ち…全部。

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リターン・(一応)ガールサノ子2  08/05-03:45-感情と独り言

しばらくして、浜辺をずっと歩いていく。
海に沿ってずっと向こうに。
実はそこからは初めて歩く場所で、
少し探究心が芽生えました。
私と同じくらいの年の女の子が数名。
もうすぐ夜だから、花火でも始めるんでしょうね~。
みんな楽しそうだなwって思いながら進む。
向こうからカップルが歩いてくる。
私を不思議そうな目で見てました。笑
(何故、こんな時間に一人なんだ?この子。的な。笑)
端っこまで歩きました、サノさん!!!
なんだか達成感があったね。。。
そこでタオル落として、少し大変でした。
数メートル行ったところで気付けたのが不幸中の幸い。
 
引き返すころはもう辺りが薄暗くて、花火が始まってました。
元気よくはしゃいでいる女の子達or男の子達。
まったりと花火しているカップル。
3,4組くらいが花火していました。
お陰で私も花火したくなっちゃう始末(笑)
今年できるかなぁー花火。
そんなこんなで駅まで戻ったわけですが、
私が浜から出ると同時に、2人の少年の声が聞こえてきました。
 
「なぁ、もういいん?もう行っちゃうで?」
 
「もう、いいんだって。」
 
ぁー、さっきの4人グループのうちの2人かぁー
とか思いながらスタスタ歩いていったわけですが、
もし、あのグループの中に元彼さんがいたら、
面白い偶然ですよね(笑)(絶対ありえないと思いますがッ)
多分、仲間の友達同士でもめてたんかな??
 
青春だね、君たち♪
 
とか訳の分からないセリフを心の中で吐き、
スッキリしたサノ子さんの旅は終わりました。
(帰ったら8時過ぎてて少しビックリ。笑)
 
雲ひとつ無い空が
いつもより大きく感じて
船ひとつ無い海が
いつもより広く感じて
 
砂をぎゅーっと掴んで離して、
手に残った数少ない砂の塊
 
どんなに遠くでも、
世界共通の月を見て、
繋がる海を感じれば、
少しは距離が縮まってくれる気がします。
 
あの時自分で、言ったじゃない。
「待つことは、信じること」だと。
今、また、違う形での祈りが、
此処にあるのだとすれば、
再び信じてみることもいいと思う。
 
前に溜め込んだ寂しさ、
ちゃんと覚えてる
前に流した涙、
ちゃんと覚えてる
 
でも、悪いモノではなかったはずだよ
 
1年前の私と会話ができるのなら、
今、この瞬間に抱きしめたい。
苦しみながら破った内側の皮を
嘆きながら明かした本心を
必死に受け止めた自分を。
 
人を愛することできたじゃない、私。
 
もう一度、「愛」を確かめてみない?
人を待つこと、祈って待ち続けること。
前の失敗を生かしてこそ経験となるように。
 
一年経った今、それでももがき続ける。
必死に生きてる、まだまだ未熟な私の答え。
 
「信じる」
 
ただ、それだけ。でも、唯一のそれ。

...more

スポンサーサイト

レール喪失感  07/26-23:19-感情と独り言

この前のふなちゃんの別れで考えるきっかけができました。
 
 
前、英語でピン子(男友達)との別れがあったのですが、
一人では教室飛び出して泣いてたくせに、
本人の前では泣けなかったんです。
ま、これは泣きたくなかっただけ…なのかもしれないのですが、
自分自身、どうして本人の前で涙が出なかったのか、
未だに不思議。
たくさん助けてもらった思い出とか、
一緒に頑張ろうと誓った約束とか、
思い返せばたくさんある。
好きとか嫌いとかそんな感情よりも、
尊敬していた人だったので、目標が消えてしまった気分でした。
目の前の道がシャットアウトされた感覚…??
そこで、ピン子がいなくなって初めて、
甘えていた自分に気づかされました。
今まで、目標として「レール」を敷いてくれていた人が、
いなくなった…という表現が一番妥当ですね。
焦っていたのも事実です。
焦っていたが故に「自分で道を切り開こう」という気持ちを、
気付かないふりしてたんです。
それは、進度の速いピン子の学校に授業が合わされていたのも、
原因の一つかな。(先生は穴埋めをしようと努力してくれた。)
環境に私の甘えが合わさって、焦りがそれを加速させていた。
ぁーそれだ!(笑)
今は、私一人なので、マイペースにやってます。
もちろん、競争心も大切なんだけどね。
夏休み、頑張らないとなぁ。
 
ピン子と誓った一緒の授業、最後の約束。
「英検2級合格!」
道は遠い?ハードルは高い?
確かに…(笑)
ただ、自分自身を越えさせれるのは自分だけ。
私があの時、泣かなかった理由。
 
寂しさよりも喪失感があったから。
 
そうなんかな?って今思いました。(今!?)
失恋したとかそんな悲しみは、寂しさからくる。
けれども、私の場合はレールを失くした喪失感。
 
 
最近になってやっと分かった。
「この別れ≠レールの終着点」ではないことが。
また自分で続きを造ることができる。
悲しみが、日にちを重ねるにつれて
今までの感謝へと変わっていったから。
 
 
ありがとう
 
  
He is the biggest rival and also the best comrade.
(彼は、最大のライバルにして最高の同志である。)

...more

崩壊とワガママ  06/02-22:08-感情と独り言

テスト中は結構情緒不安定でした。
迷惑かけちゃった人もいます…。この場を借りてごめんなさい。
いつも思うこと。
「誰かと一緒に笑える人でありたい。」
そう思う。
だけど、壊れてしまうときがある。
心が二つに分離する。「そうでありたい自分」
「自分の状況をよく知ってる自分」
本当に気が滅入るととりあえずすべて許してみる。
「もういいよ、少しくらいワガママになっても。」
そうやって少しワガママなサノモードになります。
いけない子だなって思いつつも。
そんなモードに入ったサノは人にはあまりさらしません。
「人に見せてはいけない自分」として閉じこもる。
 
それなのに不思議なこと。
一人になりたいのに寂しくなる。
拒絶したいのに求めてしまう。
 
矛盾に矛盾を重ねて情緒不安定は成り立ってます。
そんなとき、優しい声でふっと楽になるときがある。
心地よいくらいに。
でも、きっと私は優しい声をもらっても、
いつもと同じように楽しくは笑えない。
本当は泣きそうなくらいに嬉しいのに。
そんな疲れきった私は毛嫌いされてしまうかもしれない。
だから、傷ついた自分を見せるのが臆病です。
 
ワガママなのにワガママが嫌だなんて、
人に言ったら笑われてしまいそうです。
 
久しぶりに随分ネガティブだな(笑)
テスト中の管理人の一部。
辛いときほど優しい声が胸を打つときはない。
 
一方では「誰かに迷惑なんてかけちゃいけない」と。
もう一方では「もう疲れちゃったよ」と。 
理性停止。癒しを求めて誰かに迷惑かけちゃうことに、
とても罪悪感を感じてしまう。
結局はワガママになったからって、
「全部許す」と言いながら、
全部許したわけじゃないってことですね。
だって、こんな私を未だ、自分自身、受け入れられないでいる。

遠く、近く、今ここにある涙  04/18-00:46-感情と独り言

今日は、学校に帰ってから英語に行った。
宿題が未完成のまま…
 
後になって思う。
「もっと、前からやっておけばよかった」と。
 
そして、今日もそのパターン。
悪循環な自分に焦る。責めたくなる。
そして、ポツリとつぶやいてみる。
 
「もし、神様がいるなら、
ちゃんと宿題をやってないサノに罰を与えて下さい。」
 
自分を追い詰めるために、
たった一言、
本気では言ってなかった独り言が、
本当になったのかもしれない。
言わなければよかった。

...more

月の光  04/17-00:20-感情と独り言

 
昨日の夜は、チャングムを見てすぐ寝た。
家族がみんな寝付いて、夜はやっぱり怖かった。
CMなしに始まるNHKニュース。
明日を感じさせる天気予報。
全てを遮るようにテレビを消す。
無意識に頭までかぶる布団が不思議と心地いい。
そのままただ眠った。
 
ただそれだけ。
 
なのに、少し後悔する。
朝気づけば、何気ない一言メール。
懐かしささえもうかがえる。
もっと早く気づきたかった。

...more

  top  »

«  2018-07  »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

Sano子

Sano子

さのこです。
今日の晩ごはんなにかなー♪

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。