FC2ブログ

暁邏蝶 with Pluviôse
降り注ぐ雨、滲み出す葛藤、溢れ出す気持ち…全部。

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスト in 東京  12/24-10:54-ケータイから

20071224105444
今回の全ギャザの前に買った小物達!
どれもお気に入り…w

200712241054444
東京オリンピックセンターからの景色!!

200712241054442
分科会ファイナルの会議後!!!

とーきょー!!
帰りたいよーな…
帰りたくないよーな
(´・ω・`)
スポンサーサイト

関東上陸―――(・∀・)  12/22-12:13-ケータイから

20071222121329
今日はいよいよ
ガールスカウトギャザリング全国大会!!
あれ、ここで発表したの初めてだったっけ?笑
只今、新幹線の中。

お菓子食べたり、
喋ったり、
なぞなぞしたり…

なぞなぞ…(`・ω・´)

東京タワーは何県何市でしょう??

っていうなぞなぞが小学生時代に流行りませんでした?笑

席が近い友達5人に出題してみたら、
5人中5人が撃沈(・∀・)
皆さんなんだか分かりますか??

答え:き県たちいりきん市
(危険、立ち入り禁止)

一同「ナニソレ…(*゜Д゜)」

なぞなぞだと言ったにも関わらず、この反応!!

もしやこのなぞなぞはクオリティ高い!?
レベルは低いけど(笑)
みんな知ってると思っていたのに意外な結果でした。

ちなみに写メは福袋チロル☆
友達からのお裾分けvV

みんなお菓子いっぱい持ってきててすごいっ
お菓子屋さんに見えてきた…

さて、これから自己紹介カードとクリスマスカードを作るとしますか♪

青春 In 打ち上げ  12/22-01:24-未分類

20071222012445
18日に部活の打ち上げに行ってきました♪

上の写メは、某カフェ
「モロ○フ」にて(笑)

ひざに置くはずのナフキンが……

お鶴さんに大変身!!

ちなみにし始めたのはサノ子じゃないよ。

ぽにぃだよ(笑)

その日、集合時間に遅れそうになって
慌てて家を出ようとしたら、
不覚にもブーツインファッションでした!!

誰だ、ブーツ履こうとか思ったの…

私だよ!!(*ノД`*)

ま、結局、間に合ってホッとしていたわけですが、

高1のみんな「あれ!?サノ子が間に合ってる!!」
「ぇ、すごいすごい」
「午後から雨降るんちゃう?」
「ぇー困るわ!」

なんかコント始まってたけど、
そんな驚かなくても(´・ω・`)

待てよ…
いつもギリギリになって走ってる子は誰だ!!

私だった…!!汗

「She was late as usural.」

という英文を見たときに、
うーわ、自分だ…って思った。気を付けよう。

ランチ後はカラオケ→プリクラ→ショッピング
(打ち上げはカラオケで解散)

というなんとも久々の青春を感じた日でした☆
楽しかった!!
F先輩とリライトを熱唱したときはかなり燃えたねvV
やっぱりアジカン好きだわっっ
そのF先輩の声もまたカッコいい…(・∀・)!

高1でプリ撮って解散した後、
ローリーズとワンアフタアナザーでお買い物。
なかなかいい吟味が出来ました。

その後、喉が痛くなり、風邪は悪化。
うん、早く治そう!!

ギザントぐるめ at cafe  12/17-01:23-ケータイから

20071216194720.jpg

200712161947202.jpg

そうそう、さっきの和カフェの写メです。
下はテスト中にリュリュで食べたモンブランタルト。
モンブランって元々、タルト生地の上に栗クリームが乗っているものを言うんだって。

スポンジ生地のモンブランは邪道だー!

って、リュリュの店長が言ってたらしい。笑
で命名されたのが「モンブランタルト」
「タルト」が重要なわけですね(笑)



このブログ、名前ちょっぴり変えました。
暁邏蝶はそのままで、プリュヴィオーズって読みます。

革命暦で「雨月」(1月あたり)を指す言葉。
学校の世界史でフランス革命を習ったときに出て来て…

なんってカワユス(つ∀`)

っということで、
これからもどうぞよろしくお願いします!

プリュヴィオーズ  12/16-19:05-日記

やっとテストも終わり、12月らしい寒さもやってきて、
年末って感じですね。
お久しぶりです。
さっきからずっとブログ書いてました。
そう、私の演劇記録。書かずにはいられなかったのです。
あー、勉強もしなくてゎ(笑)
3時間半かけてとにかく思ったことを徒然なるままに。
ぁ、ちなみに徒然草は今回のテスト範囲でした。
習ったことってすぐ使いたくなっちゃうから不思議やゎ(*´ω`)
テストが終わった後は、
英語のプリントして(未提出のもの…笑)それからちょっと最寄り駅ブラブラ。
そろそろお気に入りのカフェに行こうとした瞬間に…

誰か手を振っている!!!
ぇ、私?

「サノ子ー!w」

ぇ、私?

近づいていくと…

そこには草子がいた!!!

はぃ、運命的に草子とバッタリ出会いました(笑)
もうびっくりし過ぎて何がなんだか。
でも、草子は暇だったらしく、一緒に和カフェに行きました♪
抹茶オーレと焼芋羹(やきいもかん)を割り勘で購入。
乙女話に花を咲かせる。

その後、英会話教室のけいこ先生にお手紙を書く。
もちろん英語で頑張った(笑)
電子辞書との格闘した結果、なんとか出来上がり、
楽しくイラストメイキング。

そうそう、ここの和カフェ、すっごくいいところで、
主人のおじさんがとってもいい人!
ご飯のおいしい炊き方を教えて下さったり、
お茶の選び方を教えてくださったり。
草子が帰ってからも、長居させて下さったり(*ノÅ`*)
店の雰囲気もとってもステキ。
ブランケットが置いてあったりして、心配りも嬉しい。
大学生になったらここのカフェで働こうかなw
あと、けいこ先生のいる英会話教室で!

和カフェを出た後は、久々にアンツで先生や、
友達とお喋りしながら少し授業に入れてもらって♪
分詞の授業だったんだけど、
私はまだまだだなぁーっと思った。
思わぬところでミス連発してた…bordとterrifyの意味を忘れてるなんて!
これはミスって思っちゃいけないのかもしれない。
精進せねばっ(*´Д`*)

その後は帰って、ご飯の支度を久々にして、
ご飯を食べた後は、チビと台所の食器を一掃した。
ありえないほど汚かったので。汗
お母さんがもうすぐ資格を取るための試験だから仕方ないね。
仕事してテスト勉強して、家事も完璧にしろなんて
できっこないゎ。
私、塾と学校のテスト勉強で精一杯だったもん。
お母さん、合格するといいな。

そんなこんなで有意義なテスト後だった訳ですが、
さて、これからもっと勉強しなければ!!
冬休みはチャンス(*´∀`*)

サノ子の演劇記録①  12/16-18:25-日記

11月27日、5時間目の授業のことでした。
現代国語のI村さんが期末範囲のプリントを配り始め・・・

私の机にやってきました。(私は一番前の席)
そして、

「サノ子さんっっ!!!」

I村さんは、
プリントを片手に机をドンっと一発。

「はぃっっ!?!?」

驚き半分に返事をするサノ子。
ぇ、私なんか悪いことしちゃったっけ!?

「あなた、すごかったわよ!」

へ・・・??

「これよ、これ。」

そう言って彼女は口の前に手を持っていき、
おかまポーズ…
かとおもいきや、どうやら夫人の動作のようです(笑)
はい、そうなんです。
実は、11月20日に無事、
「マクベス」の公演を終えました!!
今まで内容にはふれてこなかった訳ですが、
私、マクベス夫人でした(笑)

...more

サノ子の演劇記録②  12/16-18:25-日記

ここからが本当に大変だった。
オーディションが終わり、体育祭も終わり、
部活が本格化してきた頃、
オーディション後初の講堂練習。=セリフも動作も両方覚えて演じる。
しかも、いきなり夫人とマクベスの例の「誘惑」シーン…
4ページに渡ってぎっしりの夫人の長セリフ…
みんなはそれくらいあって当然でも私にとってはすごい量でした。
そして、舞台に立ってセリフを言うたび動作を言うたび、

自信を無くしていく私
もう誰にも見られたくない
はやくお家に帰りたいー!!!泣

って…思う暇もなかった(笑)
「あーどうしよう」ってなってたかな。
あの時の演出さんの目の変わりようは忘れない。
まず、姿勢が悪い、全然動けていない、セリフが入ってない。
これは一場のうちに数十回言われた。
ぁ、あと「足っ!!」って何回も。
私の悪い癖なんだけど、
足が中途半端に開いた状態でセリフを言ってしまう。
これは舞台ではタブーなことらしく、
そのシーンが終わったらすぐさま講堂の外で他の先輩方に教わった。
「この足の形を覚えて、日常生活でも常にこれねっ笑」
って…笑顔でおっしゃられました。ひゃー
でも、本当、先輩の舞台での立ち姿はカッコいい!!
私も自由の女神みたく美しく堂々と立とうと決心。
部活中、駅のホームの待ち時間、家のお風呂…etc
とにかくどこでもやってみた。

そして、セリフ。
これは中演のときの元部長ゆっきぃに聞いてみた。

私「セリフってどうやったら覚えられるの??」
ゆ「セリフって覚えるものなの??」


―――(*´Д`*)―――!
ちゃうんですか??

どうやら違うらしい。
かおりんや先輩にも聞いてみると、
「セリフっていっても場面の一部でしょ?
だから頭の中でストーリを展開するんだよ。
それに合わせてセリフを言う感じ。」

おー!これこそストーリー記憶!?
単に文字や数字よりも、ストーリー性のある記憶(経験など)の方が、
人間は覚えやすいらしい。
具体的には動作と一緒に練習すると体で覚えられるとのこと。
実際、練習してみると、やっぱり動作が伴った方が断然覚えやすかった。

その動作なんだけど、これまた考えるのが大変。
誘惑シーンや狂うシーンは長ゼリフが多いから、
同じような動作が何回も出てくる。でもそれじゃあ飽きられる。
宝塚のDVD(ベルバラ♪)も参考にしてみたけど、
ここは先輩の力が大きかったと思う。

誘惑シーンと狂うシーンは結果的に色々と短縮されて、
狂うところの動作は演出さんが考えて下さったw
このシーンの難題は寝ながら狂う「夢遊病」を演じること。
狂ってるのに寝てる…めっちゃ動くのに静か…
この矛盾する設定のなかで両方を一辺に演じるのはかなり大変だった。
一体何回狂ってみたことか…笑
普通にこの文章見たら引かれてしまうかもしれないね( ´艸`)
ただここで学んだことは、
「人間の裏に隠れている、汚さ、恨み、妬み、すべて吐き出したい感情」
これを舞台で出せば出すほど、私自身が驚くほど穏やかでいられる。

しもむーさんが教えてくれて気付いたことでした。
元高演顧問のこむこむは、
「感情の激しい悪役は得なのよ。だって普段出せないものを、
舞台で全部出すことが出来るじゃない。」って言ってたそうです。

なるほどって思いました。
これは本番当日の授業後に聞いたことなのですが、
本番で完全燃焼できた要因の1つにこの言葉が当てはまると思う。

あと、引退した高3の先輩が来てくださった時に、
狂うところは1回我を忘れて狂ってみるといいよ。
ってアドバイスを下さったことを覚えています。
1回やってみたらすごいことになった(笑)
シャウトしすぎて何言っているのか訳が分からない~
けど、スッキリしてここからどう演技に持っていくのかっていう
いい基盤になったと思う。
その先輩が今年の学際で演じておられた役も、
悲しみな嘆くシーンがあったんだけど、
そこは舞台当日でする予定なかったのにやってみたんだって。
あれはすごかった…その役中の人物にしか見えないもん。
高3の先輩とも部活を一緒にしてみたかったな♪
中演だったら中1と中3で一緒にできたんだけどなw
ま、今の私はバレー部にいた頃があってこそだよね。
2つも部活を経験できてラッキーだな(*´ω`)

あと、活舌練習は放課後の自主練にて。
黒板に言いにくいところをぶゎーって書いてひたすら言う。
しかも教室で一人…
発声も兼ねていたからかなり怪しかった。
掃除のおばちゃん…驚かせてごめんなさい(笑)

うん、本番に至るまでに沢山の人が関わっていて、
支えられて、なんって演劇って素晴らしいんだ。
って今すっごくかみ締めているところですが、
みなさん知っていますか!?
演劇界には神がいるということを!!!
そして、顧問の先生曰く、
「本番前になると神様が舞い降りる」
とか…!!!私は半信半疑だったんですが…

...more

サノ子の演劇記録③  12/16-18:24-日記

マクベスの妻でいて一番よかったなって思ったことは、
草子がカッコよすぎたこと。
いつもすっごく乙女で面白い子が舞台では驚くほど顔が変わる。
その子はオーディションの時からマクベスのオーラを放ってた。
そして、その子は舞台中に私が狂って死ぬとき、
果てた後にそっと私の手を握る。
医者に「妻をすこやかな元の姿に戻すのだ」と懇願する。
その姿は妻を愛する一人の男そのものだった。
私はマクベスに惚れてたと思う。※草子ではなく(笑)
だから、そのマクベスを演じた草子は本当に尊敬すべき子だと思ってる。
マクベスは妻を愛していたんだなぁって実感するとともに、
夫人をマクベスを本当に愛していた。
胸がきゅーんってなって張り裂けそうだった。
この台本で「キレイは汚い、汚いはキレイ」っという魔女さんのセリフがある。
キレイなもんはキレイだし、汚いものは汚いだろ!!!
っていう友達のツッコミに思わず笑って納得した私だが、
他にも思ったことがあった。
キレイだからこそ、その裏に汚いものを秘めているし、
汚いものだからこそ、その裏にキレイを秘めているのでは…?っと。

夫人は夫の王位を勝ち取るため、
殺人を促し、自らも共犯となり、悪に手を染めた。
けど、裏には夫を励まし、労わり、そしてなにより愛していた。
なかなか強気な奥さんでしたけど(笑)
汚い心の奥には、必死に夫の成功を願う気持ちも隠れてたんだろうね。
故に最後には人間の良心が罪悪感を呼び寄せた。
そして狂い死ぬ。
本当はとってもキレイな心を持ってる人って私の中では位置付いている。
マクベスの話を知っている人にとっては、
間逆の位置関係だけど、私にとってはそうなのだ。
単に信じたいだけかもだけど(笑)
そういえば、草子が言ってた。
「夫人はガラスの心を持ってる」って。
繊細でもろくて、先はすっごく鋭いけれど、
最後には割れてしまうんだって。うぉー!詩人だなwって思った。
私の予測(妄想)では、
マクベス夫人は死んだ後、マクベスと一緒にメルヘン界へ行く。
そしてチューリップの花を摘んで、マクベスに見せると、
マクベスはバラの花束をプレゼントする。
しかも赤と白のバラ。
もちろん、自然界の動物とも戯れていることだろう。
そして末永く幸せに暮らす。

…はぃ、勝手な妄想でした(笑)

私は最初、マクベス夫人になりきらなきゃって思って必死だったけど、
段々、あ、夫人になりきるんじゃなくって、
夫人と友達になればいいのかって思うようになりました。
私が役作りで悩んでいたときに、
ゆいちゃん(部活の子)に言われた言葉、
「うーん、サノ子なりの夫人でいればいいんじゃないのかな?
無理になりきろうとするよりも、
自分ができる限りの夫人を演じればいいと思うよ。」
って言ってくれたことがきっかけだった。
私の出来る限りを尽くして、夫人を知ろうとしなければ、
演技したって誰かに夫人の気持ちを伝えることはできない。
私は怖かった。
マクベス夫人なんてでっかい役をもらって、
もし失敗すれば、みんなの足を引っ張ってしまう。
「ぁー、この子を夫人役にしなければよかった。」
なんて演出さんに思われて終わる。
そんなことになったらみんなに迷惑がかかる。
「やっぱり途中入部だし仕方ないよ。」なんて
絶対に観客に思わせまいと思っていた。
演劇部員の一員として周囲に認められたかったのかな。
だからこそ、悩んだり、躍起になっていたと思うけど、
答えは意外と近くにあった。
ゆいちゃんの言葉は、今まで私が思っていたこととどこか矛盾していて、
一瞬、受け入れ難いもののように感じた。
だけど、段々「あーそういう考え方もあるのか。」
って思えてきて、すっごく気が楽になった。
夫人と仲良くなろうと思った私は、セリフがセリフに見えなくなってきて、
一つ一つが夫人の言葉で、口にするたび、
マクベスの手をとる度、狂うたび、舞台を歩くたび、
「こんなこと考えてるのか」って感じられるようになった。
舞台が終わったときは、夫人が「演じてくれてありがとう。」
って言ってる気さえした。
友達とは仲良くなっても、その子と一体化するということはない。
ぇ、あったらそれはそれで楽しそうだけど(笑)
けど、舞台ではそれがありえるから面白い。
演劇の魅力の一つだね。

今、終わってみて言えることは、
毎日が本当に濃厚すぎた。
毎日ブログ書いてたら、壮絶なものになってたんだろうな。
この舞台にかける思いは
どの同輩もどの先輩も熱かった。
だから私も頑張れたんだと思う。
かおりんとぽにぃの魔女さんには朝よくモーニングコールをしてもらった。
それがなかたったら朝起きれなかった(笑)
舞台が終わった瞬間にぽにぃは私を抱きしめてくれたっけ。
いつも魔女VS夫人でマクベスを取り合うライバルだったけど、
本当にいい子。(でもかなりの変態。笑)
演出さんはすっごく厳しい方だったけど、
本番中に本当は舞台を成功させるために必死で
私たちに厳しく接していたんだなって分かった。
本番中は優しく励まして下さって、もう涙が出そうだった。
狂う場面の直前に、
「行けー!」って小声で私の背中をポンって。
ぁーこの舞台には本当に、多くの人が関わってたんだな。

高1のキャストのみんな、高2の先輩方、顧問の先生やしもむー、
他、部活以外の友達も。みんな、みんな。




ありがとう


この経験は私の人生の中ですっごく大きな経験となりました。

  top  

«  2007-12  »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

Sano子

Sano子

さのこです。
今日の晩ごはんなにかなー♪

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。