暁邏蝶 with Pluviôse
降り注ぐ雨、滲み出す葛藤、溢れ出す気持ち…全部。

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サノパスカル止まらねぇー!!!2  02/25-03:53-日々の疾走

彷徨いながらも劇場に着くと、私は受付に向かった。
薄暗い地下に洒落た絨毯。いかにも劇場らしい感じ。
ふと前を見ると、小柄な女性が2里、目の前に立っていた。
華やかな装いに身を包んだ女性…

ん…どこかで見たことが…

メイクを取ると…



うゎ!K先生じゃないですか!
っと声を出す少し前、
「あら、サノ子ちゃんじゃない!!」
っと先生がびっくりしていた。
K先生とは、前に通っていた英会話の先生。
私の英語好きになった歴史は、K先生なしでは語れない。

「なんでここに!?」
「先生こそなんでここに!?」
っと2人で驚いていた。
とにかく嬉しかった。
K先生はいつもより美人だった。
やっぱりメイクと服装のせいかしら!?
偽者とかそっくりさんじゃないですよね…!?
っと疑いつつも(笑)

話の内容はここでは省略するとして、
とにかく喜劇だった。タイトルは「十二夜」
シェイクスピアの喜劇の中の喜劇なのだそうです。
すっごく楽しめた!!!
なんといっても距離感が狭いせいか、
私はずっとドキドキしていた。

そしてそこでおもった。

ぁ、みんな笑ってる…!!!
すっごくいい顔してるやん…!!!

っと見ながら私もいつの間にか笑顔になっていた。
こんな状況で見たのだからいつも以上に楽しく感じたのかもしれない。

K先生に出会えたことは私にとって大きかった。
何しろ、次の日(日曜日)は英検だったから。
最近、昔に英検の面接の練習をK先生としたのを思い出して、
ちょうど久しぶりに会いたいなぁっと思っていた。
これは神様からのプレゼントに違いない!!!来てよかったと思った。
私が英検2次のことを話すと、
「大丈夫よ!いつも通り振舞って、本物らしいでっちあげをすれば、
絶対に通るから!先生、サノ子ちゃんが、1次が通ったことが嬉しい!」
っと言ってくれて私にはすごく励みになった。

そして、この十二夜の中のセリフ。

「毎日、雨が降ってて当たり前。波が押し寄せて当たり前。
そんな日常が繰り返される中でも、何か1つのきっかけがあれば、
大きな奇跡にだって変わる可能性を持っている。」

正確に覚えているのは一行目だけ(それでもまだ曖昧)
二、三行目は半分メッセージを私なりに読み取って再現しました。
劇中の歌の歌詞の一部。この言葉、すっごく気に入りました。

そして、今日の英検の面接はすっごく楽しかった。
もっというと楽しんでやってみたに近いかな。
同じ学校の子と会った!!あんまりたくさん喋ったことはなかったけど、
すっごく楽しかった。面接の本も少し見せてもらったし、
なにより励ましあえたのが一番の支えになりました。
これも神様からのプレゼントか…!!!ありがとう!!!

っと思いながら、英検も無事に終了し、喜びを家族に伝えました。

さて、これが、今日までの私の状況です。
そして、これからが思考の深い夜へと更けてゆくのでした…

次へ続く
スポンサーサイト

  top  

«  2017-11  »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Appendix

Sano子

Sano子

さのこです。
今日の晩ごはんなにかなー♪

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。